皮膚科を受診してシミ治療~ビューティー肌になろう~

メディカル

顔に美白を取り戻す方法

顔のシミ

若い頃の予防が効果的

高齢になると自然に顔や手の甲にシミができてきます。シミが目立つと老けて見えますが、女性の場合はメイクなどで隠すことになります。しかしメイクには限界があるので、できればシミができないように予防した方がいいのです。シミというのはメラニンという色素が肌に染みついてできてしまう薄黒い斑点のことで、色々な種類があります。良く知られている原因は紫外線です。若い頃から外出する時に紫外線対策をしておくと、高齢になってもシミが少なく、出ても薄く目立たないものになります。紫外線の他にもストレスや睡眠不足、ホルモンバランスの乱れなどが原因で発症します。日常生活でこれらの点に気をつけることが大事ですが、それでもシミができてしまったらビタミンCを摂取すると薄くすることができます。ビタミンCにはメラニン色素を抑える働きがあるからです。またビタミンC誘導体が配合された化粧品で肌のケアをすると効果があります。きちんと治療してシミをなくしたい場合は美容整形にかかることになりますが、病院の皮膚科でも治療が行われています。美容整形では主にレーザー治療でシミの治療を行いますが、皮膚科で処方される外用薬や内服薬でも効果があります。

進化しているレーザー治療

皮膚科でのシミ治療は、老人性色素班やソバカス、肝斑、炎症性色素沈着などに効果がある方法が行われます。美白作用のある外用薬を塗ることと、美白効果のある内服薬を服用することがメインの治療法になります。皮膚科で処方される外用薬としては、漂白作用があるハイドロキノン軟膏が有名です。またトレチノイン軟膏という塗り薬も使用されます。これはコラーゲンを再生して皮膚のターンオーバーを促し、肌に潤いや弾力を取り戻す効果があります。内服薬としては、メラニンの発生を抑制するトランサミンや、ビタミンC誘導体、ビタミンEなどが使われます。ビタミンEはビタミンCと組み合わせることで相乗効果があります。皮膚科での治療は保険適用になる場合とならない場合があり、レーザー治療などは適用外になることが多いのです。受診前に確認しておき、状況によっては美容整形で治療を受けた方がいいケースもあります。いずれにしても皮膚科で診察を受けて、シミの種類を突き止めてから判断するのが良いです。美容整形では美を専門的に追求しているので、手術法の進化が著しくなっています。レーザー治療なども最新の機器が次々と誕生しているので、今後はシミの治療なども簡単に達成できるようになります。