皮膚科を受診してシミ治療~ビューティー肌になろう~

メディカル

きれいなお肌を手に入れる

背中のしみ

まずは病院へ

最近は、レーザー治療や光治療だけでなく、様々な治療を行っている皮膚科のクリニックがあります。ですが、そういったクリニックの治療を受ける前に、まずは病院の皮膚科で処方される薬によって、シミを減らせる方たちがいます。病院の皮膚科においてシミを減らせる手段として、美白作用のある外用薬を塗布することが挙げられます。もう一つは内服薬を服用して、体の内側から美白になる方法です。外用薬は、ハイドロキノン軟膏を使っているものが多く、お肌の漂白作用が強いと言われています。トレチノイン軟膏を含んだものは、体内のコラーゲンを生成して代謝を促し、メラニンを排出してお肌にハリと潤いを与えます。内服薬の場合、トランサミン、ビタミンC誘導体、ビタミンE、Lシステインを含んだものがあります。トランサミンは、メラニンの発生要因であるメラノサイト活性化因子をブロックし、メラニンの発生を抑えシミを減らしてくれます。ビタミンCの高い抗酸化作用は言うまでもなく、メラニンに働きかけシミの沈着を緩和します。Lシステインはアミノ酸の一種で、メラニンを薄くする効果があります。お肌の代謝を上げメラニンの排出を促します。こういった病院の治療を受け、それでも効果が薄い場合にはクリニックの治療に移行すべきでしょう。

クリニックを利用する

クリニックを利用する場合に注意すべき点は、シミといっても種類があり、その種類に合った治療をしなければならないということです。クリニックでまだ経験の浅い先生たちは、茶色のものはすべてシミと判断してレーザー治療を行いがちです。ADRというシミなら問題はありませんが、肝斑などのシミはレーザー治療を行わない方が良いのです。また、擦り傷やニキビ、化粧によるかぶれによる炎症などによって、後々お肌に残った褐色のシミがあります。炎症性色素沈着と言いますが、治療にお薦めなのが特殊な光による沈着したメラニンを除去するフォトフェイシャル、Qスイッチルビーレーザーです。また、最新のトップハット型Qスイッチアレキサンドライトレーザーは、肝斑、老人性色素斑、ADR、太田斑などに有効で、ほぼ一回の治療でシミを除去することができます。メディカルフォトは、全体に増えてくるシミ、そばかすに有効です。ダウンタイムがなく、施術直後から化粧ができ、人に気づかれることはまずないでしょう。また、体の内側から美白になるため皮膚科から処方される薬がありますが、最近は美容成分の浸透を効率よく行うため、イオン導入が行われます。電流を流してイオン化することで、有効成分がお肌の深部にまで浸透します。